インプラントの術式は1回法と2回法の2つがありますが、治療の成功率の差はほとんどありません。

GBR等の骨造成手術を同時に行う場合は、主に2回法が選択されますが、
逆に骨量が十分あるシンプルな症例の場合には1回法が選択される場合が多いです。

1回法の術式

  • STEP01

    骨にインプラントフィクスチャーを埋めこみます。

  • STEP02

    同時に、アバットメント、もしくはヒーリングキャップをフィクスチャーに連結し、その部を口腔内に出したまま歯肉の治癒をさせます。

  • STEP03

    インプラントが咬合力の負荷に耐えられるようになった段階で、アバットメント(ヒーリングキャップを入れている場合はアバットメントに交換した後)に最終補綴物をセットする。

2回法の術式

  • STEP01

    骨にインプラントフィクスチャーを埋めこみます
    (1次オペ)

  • STEP02

    フィクスチャーを完全に覆うように歯肉を治癒させます。

  • STEP03

    インプラントが咬合力の負荷に耐えられるようになった段階で、(2次オペ)を行います。
    2次オペでは、歯肉を少しだけ切開し、インプラントの上部のみを出し、アバットメント、もしくはヒーリングキャップを連結します。

  • STEP04

    歯肉が治癒した段階で、アバットメント(ヒーリングキャップを入れている場合はアバットメントに交換した後)に最終補綴物をセットする。