噛み合わせ

当院では「噛み合わせ」が原因とみられる歯やセラミック、インプラント、義歯などに起きている問題を
原因から改善します。

噛み合わせ治療の対象となる方

  • 1噛み合わせが合っていないと感じている方
  • 2複数の歯に、次から次へと問題がおきる方
  • 3永久歯を抜いたことがある方
  • 4同じ歯が何度もトラブルになる方
  • 5歯並びが悪い方
  • 6矯正の後戻りを感じている方
  • 7咬む箇所が一定でなく、複数の箇所(下顎位)で咬める方
  • 8被せ物が多い方
  • 9口を開けにくい方・開きすぎる方(手の指が、3本ぴったりに入らない方)
  • 10顎関節症になったことがある、もしくは顎関節症の方
  • 11咀嚼筋、またはその周囲の筋(頬・頭・首・肩など)に痛みがある方
  • 12原因不明な歯の痛みがあった方
  • 13うまく咬めない方
  • 14歯が磨り減っていると感じている方
  • 15楽器を若い頃から習っていた方
  • 16ぱっと見で「歯並び」は良いが、「噛み合わせ」が悪いと感じている方
    ※当院では「歯並び」と「噛み合わせ」を違う意味として考えています。

治療について

「噛み合わせ検査」の結果をもとに、
患者様一人ひとりの噛み合わせの状態に合わせた最適な治療プランをご提案させていただきます。

治療例

  • ソフトタイプのマウスピースとリハビリによる筋肉のリラクゼーションと顎運動の改善
  • 早期接触 / 咬合の干渉部位 / 高さが足りない部位への咬合調整
  • セラミック作製予定部位への仮歯作製により、治療中の噛み合わせの確保と改善
  • 矯正治療やインプラント治療
  • 仮歯による咬合状態の改善後にセラミックへの置き換え

噛み合わせが悪いことが原因で、結果として、一部の歯に異常な咬合力が加わります。
咬合力とはグッと噛み締めた時に歯に対して加わる力です。
なお、一番噛み締めたときの力を最大咬合力呼びますが、こちらは個人差が大きく「20kg~200kg」と言われています。

この大きな力が、歯の負担能力やセラミックの耐久力などを越え、奥歯などに加わったときに、歯・インプラント・セラミック・顎関節などに問題が起きることがあります。

さらに、筋肉にも問題が起きることさえあるのです。

例えば、食事での咀嚼1回につき、奥歯に20kgの力がかかると言われています。
1度の食事で噛む回数は平均620回。仮に奥歯を90年間使うと計算した場合は以下になります。

“ 20kg × 620回 × 3回 × 365日 × 90年 = 1.222.020.000kg ”

さらに、就寝時の歯軋りや食いしばりは、交感神経・副交感神経に関係するため、全ての方に発生します。
ただ、噛み合わせが悪いと一部の歯に力が集中してしまい、セラミックが割れるといった問題が起きる可能性があるのです。

噛み合わせ治療は、このような噛み合わせの不調和による諸問題を解決してくれます。

噛み合わせの検査

良い噛み合わせは、歯・咀嚼筋・顎関節3つの調和がとれている状態です。
噛み合わせの検査では、それぞれに何か問題が起きていないかを確認。
もし問題がある場合には、バランスに応じた治療をご提案します。

検査で評価する7つの項目

  • 開口運動
  • 顆頭位
  • 筋の触診
  • 下顎位
  • 咬合平面
  • 咬合高径
  • アンテリアガイダンス

検査の内容

  1. 上下歯型模型作製のための型取り
  2. 中心位採得
  3. フェイスボウ採得
  4. 咬合器への装着
  5. 咬合器に装着された模型上での、早期接触・中心位・咬合平面診査
  6. 咀嚼筋の圧痛点確認
  7. 開口量測定
  8. 開口パターン確認
  9. 顎関節CT検査
  10. 歯軋り確認用マウスピース作製
  11. 習慣的な咬合位採得
  12. 顔貌写真撮影
  13. 口腔内写真撮影
    (オプションとして、デジタル的な下顎運動路測定を行います)

噛み合わせチェックリスト

A

治療後から
なんとなく起きていること

  • インプラント・セラミック・義歯・矯正治療の後から噛み合わせの調子が悪い気がする
  • 詰め物や被せ物が何度かとれたり、欠けたりことがある
  • 矯正治療が終わってから、歯並びが少し戻ってしまった、または噛みづらくなった気がする
  • 歯科治療の後に、噛み合わせが変わった気がしたが、慣れてしまった
  • 歯の神経の治療をしたことがある
B

もともと噛み合わせが
原因になっていそうなこと

  • 自分の歯が欠けたり、折れたことがある
  • 奥歯ばかり何度も虫歯になる
  • 前歯が痛くなって神経をとった事がある
  • いつも片方だけで噛んでいる
  • 上下の前歯の位置が中心にあっていない
  • ぐらぐらしている歯がある
  • 顎がガクガク音がする

【A】のいずれかに該当する方

おそらく部分的な再治療が必要になる可能性があります(状況によっては全顎的な治療が有効なことも)。

【A】と【B】の両方に該当する方

全体的な(全顎的な)治療が必要な場合もございます。