入れ歯との比較

入れ歯の場合、1本.数本の歯に対応させる部分入れ歯と、上下それぞれ、全ての歯の代わりとなる総入れ歯とケースが分かれますので、部分入れ歯と総入れ歯と分けて解説いたします。

部分入れ歯の場合

部分入れ歯の場合、残っている歯を多少削って、入れ歯を支えるフックが掛かりやすくします。実際、噛み合わせると入れ歯がたわんだり、がたついたりしますが、これらのフックで、ある程度動揺をおさえます。
このフックが掛かる歯で、噛み合わせる力を負担しますので、数年でこれらの歯が動揺をきたし抜歯に至ることが多く見受けられます。

これにより、歯がどんどん無くなってしまう傾向に加速がかかりますし、当然再治療が必要になります。
そこまでしても、以前に比べて咬む力は半分程度になってしまうこともあります。

総入れ歯の場合

総入れ歯の場合、上の入れ歯は安定しやすいですが、安定した入れ歯は一般的に面積が大きく作られるので異物感は強く、発音がしづらいかもしれません。

入れ歯の厚みは、材質にメタルを使用することで薄くすることができますが、下の入れ歯は安定せずに動いてしまうことが多いので、結果的に入れ歯は咬みづらいという患者様が多くいらっしゃいます。
また、食べ物の温度を感じにくかったり、味覚が落ちることがあります。

インプラントの場合

インプラントの場合、歯のない部分の骨に直接、人工の歯根を固定し、その上に新しい歯を装着する治療ですので、部分入れ歯のようにがたついたりせず、自分の歯のように強い力で噛む事ができ、入れ歯のように大きくないので異物感がありません。

また入れ歯と比べると隣や周りの歯に一切の負担をかけないですみますので、再治療の頻度も低く、入れ歯をすると、歯がどんどん無くなってしまうという状況も回避できます。

腰痛・肩こりは歯が原因の事も!

噛み合わせのずれは、顎関節症の原因となります。
あごが痛む、口が大きく開けられない、あごを動かすと異音がするといった代表的な症状の他に、頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなど全身の様々な部位に症状が現れることもあります。

ブリッジとの比較

ブリッジの場合、失ってしまった歯の両隣の健康な歯を最低1本ずつ削らなければなりません。また、それらの歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失うことの原因となる場合があります。

またブリッジの橋の下部に食べ物カスがつまったり、歯垢が付着しやすく、不衛生になりやすいので、虫歯になり易くなってしまいます。

ブリッジ・インプラント治療後の残存率

ブリッジは、装着後7年間で77%の成功率です。23%は、両隣の削った歯が虫歯になったり、その歯が折れたりしてブリッジを除去しなくてはなりませんでした。あまり予後が良くない治療法といえます。

インプラントの場合、ブリッジと違い、隣や周りの歯を一切、傷つけないで治療を行うことが可能です。
インプラント治療の成功率は、治療後10年間で、97%〜98%です。また、お口全体として、両隣の歯も含めて他の歯が抜歯に至るのは、10年間で1.3〜1.5本以下と非常に予後が良い治療法といえます。

インプラントとブリッジの比較表

メリット デメリット
インプラント
  • 自分の歯と同じ様に噛む事ができます。
  • 異物感がありません。
  • 他の歯に悪影響を及ぼしません。
  • 噛む力は天然歯と同程度まで回復します。
  • 周りの歯を削らずに治療できます。
  • 1本の歯を失った方から、全ての歯を失った方まで治療ができます。
  • 天然歯(自分の歯)と同じようにきれいで美しい歯を取り戻すことができます。
  • 顎の骨に直接咬む力が伝わるので、骨が萎縮するのを防ぐ効果があります。
  • 短時間ですみますが、外科的な手術が必要になります。
  • 内科的な問題がある患者様には適応にならないことがあります。
  • 保険適用外の治療なので、治療費が自己負担になります。
    (確定申告時に医療費控除は受けられます)
ブリッジ
  • 固定式なのであまり違和感がない。
  • 噛む力は天然歯と同程度まで回復します。
  • 治療期間が最短で1〜2週間で終わることもあります。
  • ブリッジを支え、固定するために、最低でも歯が無くなった部分に隣接する2本の歯は、たとえ健康な歯でも削る必要があり、結果として、それらの歯の寿命を短くしてしまうことが多く見受けられます。
  • 無くなった歯が負担していた咬む力をブリッジの支えの歯が負担するので、咬む時により大きな力がかかるので、結果として、その歯の寿命を短くしてしまう場合が多くなります。
  • 連続して3歯以上の歯が欠損している場合にはブリッジの適応は薦められません。
  • 欠損部の歯肉がやせると、ブリッジとの間に隙間ができ、発音時に息が漏れることがあります。
  • ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べかすがつまったり、歯垢が付着し、不衛生になりやすくなります。
  • セラミックによる審美的、衛生的な治療は保険適用外となります。