歯ぎしりの検査

歯ぎしりの検査 (はぎしりのけんさ)

歯ぎしりは、いくつかのパターンに分けられます。

ギューッとくいしばりが強いタイプ、カチカチ音がするタイプ、ギシギシ歯が擦れるタイプなどですが、インプラント治療を行った後にも、インプラントや他の歯に頻繁に「問題」が発生する方は、このような「歯ぎしりの強い方」に多いです。

その様な方には、治療後に、寝ている間に歯を保護するマウスピースを使用して頂くのが効果的です。

実際の検査は、問診、舌、ほっぺたの内側の凹み方、歯の摩耗の仕方などをチェックします。