挿入ジグ

挿入ジグ (そうにゅうじぐ)

挿入ジグ

挿入ジグ

インプラントを骨に埋入する時に、挿入用のドライバーによって、骨の中に少しずつ回転させていれていくのですが、インプラントの部分を直接ドライバーで触らない様にするための役割をする部分が「挿入ジグ」です。

それは、インプラントの表面は、骨に最初に触れる必要があるからです。

もし、他のものが触れてしまった場合、骨とインプラントの結合が阻害される可能性があります。

また、インプラントの埋入が終わると、直ちに、挿入ジグは除去されます。