ストローマンインプラント

ストローマンインプラント (すとろーまんいんぷらんと)

スイス/ストローマン社

【性状】:SLA

ストローマンインプラントはスイスのストローマン社で製造している1回法の代表的なインプラントで、1974年から臨床応用されています。

ITIインプラントの大きな特徴は、フィクスチャー表面の「SLA(Sand-blasted Large-grit Acid-etched)」という性状にあります。これはストローマン社が独自に開発したもので、オッセオインテグレーションを促進するというものです。

これにより、インプラント体と骨との早期の結合が期待でき、早ければフィクスチャー埋入後約6週間という短期間で上部国「を装着することが出来ます。

また、ストローマンインプラントと協力関係である学術団体ITIは研究・科学的な文献、教育は世界でもトップクラスです。