歯槽堤増大術

歯槽堤増大術 (しそうていぞうだいじゅつ)

歯槽堤増大術

歯槽堤増大術

歯が無くなって歯肉だけになった部分を「顎堤」もしくは「歯槽堤」と呼びます。

歯が無くなった部分の顎の骨は時間の経過とともに、少しずつ吸収しますので、顎堤は歯が存在していた時に比べて必ず「幅が細く」なっています。

そのために、その部位に、ブリッジやインプラントの治療を行うためには、「幅を増やすことが必要」になる場合が多く、その際の治療法を「歯槽堤増大術」といいます。