歯根膜

歯根膜 (しこんまく)

歯の根と歯槽骨の間にあり、噛み締めた時に少し沈み込む「クッション」の役割と、歯に何かが触れたとか、咬んでいるという「感覚を感じる神経」が豊富にある部分です。

歯の根と歯槽骨は、このような「歯根膜」と呼ばれる無数の繊維で結ばれています。