根管治療

根管治療 (こんかんちりょう)

根管治療

根管治療

歯の中には「神経」がありますが、虫歯が大きくなった場合、この神経を取らなくてはならないことがあります。

その際に、歯の奥の方にある「歯根」と呼ばれる部分の内側に10〜20ミリ程度の細い長い空洞部分があり、その中をきれいに清掃して、そこへ薬や樹脂で密閉するという治療をするのですが、この治療を「根管治療」といいます。

不十分な場合は、歯の根の先に膿みがたまることがありますので、再度、根管治療を行います。