骨誘導再生療法

骨誘導再生療法 (こつゆうどうさいせいりょうほう)

GBR : Guided Bone Regeneration

インプラント植立に際して顎の骨の量が十分でなくインプラントが骨の中に入りきらない場合、骨を大きくする目的行われる治療法です。

骨量を増やしたい部分の骨の表面に小さな穴を開けて出血させると、骨再生に必要な細胞がたくさん出てきます。これらと新しい骨のもとになる顆粒(骨充填材)を混ぜて骨を増やしたい部分に置き、顎の骨の量を増やします。

実際には、数ヶ月の間、新しい骨の元になる顆粒が散らばらないように、その上からコラーゲンやゴアテックスのシート状の膜を被せて固定します。