骨造成

骨造成 (こつぞうせい)

インプラント植立に際して、骨の大きさが最小でも幅が5〜6ミリ、高さ8ミリ程が必要になりますが、水平的、垂直的に「歯槽骨の量が十分でなく」インプラントが骨の中に入りきらない場合、GBRや骨移植、サイナスリフトなどの手術よって、「既存の骨の上や周囲に新しい骨を増やす(作る)」ことです。

このことによって、インプラントが骨の中に固定が出来るようになります。