コア (こあ)

「神経を取った歯」は、歯の中に大きな空洞があいていますし、強度が弱くなっていますので、何も対策を講じないと咬んだ時に割れてしまうことがあります。

そこで、強度をアップさせるために、メタルやレジン、ジルコニアなどの材料を使って、空洞を塞ぐのです。
これが、「コア」と呼ばれるもので、歯の「内側」の強度をアップさせるのです。

その上にセラミッククラウンなどの被せものをして、歯の「外側」の強度をアップさせます。このように、神経を取った歯は内側、外側から守る必要があるのです。