矯正治療用のアンカーインプラント

矯正治療用のアンカーインプラント (きょうせいちりょうようのあんかーいんぷらんと)

矯正治療は、歯を動かすために、固定となるための動かない「大きい歯」や動く歯より「多くの歯」が必要になります。
この「固定源」をアンカーといいます。

実際には、作用反作用の法則で、動かないでほしい歯まで、動いてしまうのでその調整が必要になります。

そこで、アンカーにインプラントを利用するのですが、インプラントは骨と結合して全く動きませんので、最高のアンカーになります。

このように固定源に使うインプラントをアンカーインプラントといい、一般的に歯の移動のスピードは早くなります。