咬合検査

咬合検査 (かみあわせけんさ)

咬合検査

咬合検査

咬み合わせが悪い場合、インプラント治療に先立って、「矯正治療」、他の歯の「詰め物」や「被せもの」の再治療を行う必要がある時があります。

そこで、咬合検査(咬み合わせ検査)を行う必要があります。

また、インプラント治療と同時進行で行うこともあります。
それによって、歯が無くなった部分に対してのインプラントだけでなく、残っている歯も長い期間良好な状態を維持出来るのです。