ブローネマルク

ブローネマルク (ぶろーねまるく)

スウェーデン/ノーベル・バイオケア社

【性状】:タイユナイト、TPS

スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士がチタンと骨が完全に結合することを偶然発見したことから生まれたもので、1965年から臨床応用が開始された世界初のインプラントシステムです。

世界初のインプラントであるため、最も長い臨床実績があり、信頼性が高いエクスターナルインプラントシステムです。

表面性状は以前はTPS(Titan Plasma Spray)でしたが、現在ではタイユナイト(Ti Unite)という、ノーベルバイオケア社独自のものになっています。

これは、インプラントのフィクスチャー表面に厚い酸化層とミクロの孔を設けることにより、骨とインプラントの結合「オッセオインテグレーション」を促進するものです。このタイユナイトの開発により、従来よりもインプラントの成功率は大きく向上しました。