患者様症例 | 診療メニュー | 審美治療専門のグランプロデンタルクリニック銀座

診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付
診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付

噛み合わせ・審美性の改善のために一口腔単位で治療を行った症例①

噛み合わせ・審美性の改善のために一口腔単位で治療を行った症例①
具体的には、インプラント治療・矯正をし、保険治療の銀の詰め物などを白いオールセラミックに変えています。今回は治療の最終ゴールを、左上の奥歯の欠損をサイナスリフトを併用してインプラント治療で改善した上で、

①バランスのとれた咬合平面の付与(横から見た上下的な歯の並び)
②適正な咬合高径の確立(噛み合わせの高さ)
③アンテリアガイダンスの付与(上顎前歯の舌側面が下顎の動きを誘導する作用)

としました。

治療の順序は

①サイナスリフトを含めた左上のインプラント治療を開始しますが、治癒期間中に、同時進行で、必要な歯の箇所を仮歯にします。インプラントに際しては、上顎洞に慢性的な炎症が見られたので、その治療も同時進行で行っています。
②インプラント部も仮歯で咬合ができるようになったら矯正治療を開始します。(この矯正治療は、成長期が終わった患者様に行う成人矯正なので、主に歯軸整直が目的になります。)
③矯正治療が終了後、仮歯の調整・咬合調整によって、緊密な咬合の付与を行います。
④仮歯の調整によって、最終的な噛み合わせが確認できた段階で、セラミッククラウンの作製に移ります。
⑤完成したセラミッククラウンを仮止めし、咬合などの経過を確認した上で、仮止めから接着の段階に進みます。
⑥治療後は、定期的なメンテナンスに来院いただき、予防歯科的に、噛み合わせ・歯肉などのチェック・調整を行います。

噛み合わせ・審美性の改善のために一口腔単位で治療を行った症例②

噛み合わせ・審美性の改善のために一口腔単位で治療を行った症例②
具体的には、インプラント治療・歯列矯正を行い、咬合調整後に最小限必要な箇所を白いオールセラミックに変えています。
治療開始時に55歳という年齢にも関わらず、勇気をもって矯正治療も選択して頂いたことによって治療のゴールが理想的な噛み合わせの状態になることができました。
この方の初診時は、”開咬”といって奥歯で噛んだ状態でも前歯同時が噛み込まず、隙間が空いてしまう噛み合わせで、治療の難易度も高いものでした。
もし、矯正治療を行えなかったら、前歯と奥歯の調和した噛み合わせ治療の実現は難しく、前歯は噛めないという状態のままだったと思います。
また、このように全顎的な治療のときは、顎関節の状態を常にチェックすることも大切です。
今回は治療の最終ゴールを、左上の奥歯の欠損をサイナスリフトを併用してインプラント治療で改善し、さらに予後が悪い右下の奥歯に対するインプラント治療を行ったうえで、

①バランスのとれた咬合平面の付与(横から見た上下的な歯の並び)
②適正な咬合高径の確立(噛み合わせの高さ)
③アンテリアガイダンスの付与(上顎前歯の舌側面が下顎の動きを誘導する作用)

としました。

治療の順序は

①サイナスリフトを含めた左上のインプラント治療を開始しますが、治癒期間中に、同時進行で、必要な歯の箇所を仮歯にします。インプラントに際しては、上顎洞に慢性的な炎症が見られたので、その治療も同時進行で行っています。
②インプラント部も仮歯で咬合ができるようになったら矯正治療を開始します。
一番の目的は、上下の前歯が噛めるという状態を作ることです。
(この矯正治療は、成長期が終わった患者様に行う成人矯正なので、主に歯軸整直が目的になります。)
③矯正治療中に、右下の奥歯に対してインプラント治療を行なっています。
④矯正治療が終了後、仮歯の調整・咬合調整によって、緊密な咬合の付与を行います。
⑤仮歯の調整によって、最終的な噛み合わせが確認できた段階で、セラミッククラウンの作製に移ります。
⑥完成したセラミッククラウンを仮止めし、咬合などの経過を確認した上で、仮止めから接着の段階に進みます。
⑦治療後は、定期的なメンテナンスに来院いただき、予防歯科的に、顎関節・噛み合わせ・歯肉などのチェック・調整を行います。

交通事故で前歯2本を失った方の症例

交通事故で前歯2本を失った方の症例
事故の場合、歯を失うだけでなく、衝突した際の衝撃により歯を支える歯槽骨も失ってしまうことも多いです。
(歯科医院での抜歯の際には、歯槽骨を残すように抜歯しています。)
このような時は、機能と審美の回復のために歯だけではなく、歯の周りの歯槽骨・歯肉を取り戻すことが治療のゴールになります。
また、インプラントの性質として、2本隣同士で並ぶと、インプラント間の歯肉はあまり盛り上がってこないので、ブラックトライアングルができやすく、審美的な問題が起こることがあります。
組織学的にも、臨床的にも、天然歯の周りは、インプラントより多くの歯肉が存在することが確認されていますので、このような場合には、【天然歯ーインプラントーインプラントー天然歯】という配置でなく、【天然歯ーインプラントー天然歯ーインプラント】という配置にするとブラックトライアングルにならずに、歯肉部分も審美的な治療結果を得られます。
歯を移動するには矯正治療が必要になりますが、この方は、右上の天然歯は、事故の影響で歯槽骨から少し外側で癒着している可能性があるので、その歯については、動かさないようにして、左上の歯を1歯分矯正治療で移動しています。

上記の矯正治療を選択して頂くことがなかったら、このような結果は得られなかったと思います。
矯正治療の前後に、インプラントの治療を行います。
インプラント治療は、単純に2本を同時期に行うのでなく、矯正治療用のインプラント、骨造成などを併用、矯正治療のサポートになる時期など様々なことを考慮して行います。
そして、仮歯で歯肉の形態を整えた後に、4本分のセラミッククラウンによる治療を行なっています。
前歯のセラミッククラウン間は、歯肉によって満たされて、審美的な結果が得られています。

噛み合わせの改善の症例

噛み合わせの改善の症例
全顎的にはコルチコトミー(皮質骨への画家的な切開)併用のスピード矯正右下奥歯には、インプラント治療を行なっています。
現在治療後13年経過して定期的なメンテナンスを行っています。

全顎的な噛み合わせの改善を行う時は、
・顎関節の状態
・現在の噛み合わせのずれ
・顎運動の状態
などを確認の上に、治療計画を立てます。

その際に、矯正治療を含むか、否かという点が治療のゴール設定に大きく関与します。
最終的な噛み合わせの状態はもちろん、治療期間、インプラントの植立位置なども違ってきます。
成長期が終わっている成人に対する矯正治療は、骨の成長を利用できないので、精密な噛み合わせに導くということが難しい点があります。

そこで、成人矯正治療では、歯軸の整直という方向で治療のゴール設定を行い、最終的な精密な噛み合わせは、咬合調整・セラミックインレー・セラミッククラウンを併用して整えることが必要になります。
欠損歯があれば、インプラントを併用することもあります。

また、全ての方が適応ではありませんが、コルチコトミー併用が効果的と判断できる場合は、一時的に骨の活性が向上する事によって成長期が終わってしまった成人に対して、矯正治療のデメリットを一部補うことができます。

上記のような事を全て検討し、さらに患者様のご協力の上、治療を行なわせて頂きました。
ご相談・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

お電話による窓口はこちら

12:00〜21:00(土日祝日)

オンライン予約・お問い合わせフォーム

院長執筆書籍
1日1分ストレッチ

こんにちは!
2月14日に、友広隆行先生と福島の共著の本が出版されます!!!
もともと、当クリニックで行っている噛み合わせ治療にとっては、筋バランス=顎関節の状態=歯の咬み合わせ
の3つが重要なポイントになります。
患者様には、筋(筋肉)バランスを調整するために、...

アゴ筋をほぐせば健康になる!

第1章 日本人の約9割がアゴ筋がこっている
第2章 アゴ筋をほぐすと頭痛が消える
第3章 アゴ筋をほぐすと血糖値が下がる
第4章 “ながら"でできるアゴ筋マッサージ&ストレッチ
第5章 アゴ筋がこらない生活とは
第6章 わたしたち、アゴ筋マッサージで
こんなに体調がよくなりました!