保存修復治療
(神経まで到達してない虫歯)

虫歯治療の原則

  • 1完全に虫歯の部分の切除
  • 2元々の歯の形を復元
    もしくは、良い歯の形態のために隙間が最小限になるような修復

実際、虫歯部分を丁寧に少しずつ削っていくと、所要時間は1本あたり60〜90分かかることもありますが、歯の切削量を最小限にしながら、虫歯を完全に除去することは歯の保存にとって大切なことになります。

歯の構造は外側から3層構造になっており、順にエナメル質・象牙質・歯髄という構成です。
虫歯が深くて歯髄まで到達してしまうと、この歯髄を除去することが必要になり、「神経を取る」という治療になります。
残念ながら、神経をとった歯は長期的な観点からは強度が落ちてしまうため、なるべく神経を取る治療に至らないような虫歯治療をご提案します。

また、虫歯部分が神経まで到達してない場合、歯髄近くまで象牙質を削ることがあります。
その時は、虫歯部分を除去したあとに色々な形・大きさの穴ができるため、この部分を歯髄を守る成分が含まれた材料で一旦補修したうえで、外側を他の十分に強度のある硬い材料を使って修復するという2層構造になることもあります。

その外側の硬い材料は以下です。

  • 1小さい部分の修復で可能なときは、ダイレクトボンディングを選択
  • 2大きい修復が必要な時は、
    前歯:セラミックラミネート、またはセラミッククラウンを選択
    奥歯:セラミックインレー、またはセラミッククラウンを選択

根管治療
(神経まで到達した虫歯)

虫歯が歯髄まで進んでいた場合は、歯の内部の歯髄を除去する治療になります。
こちらを抜髄治療と呼びます。

原則的に、治療は無菌的な状況下で行なえるよう口腔内細菌などが侵入を防ぐラバーダムを使用して治療します。
歯冠・歯根内部の虫歯部分と歯髄を除去し、その部分を樹脂系・セメント系の材料などで密閉します。
虫歯などの細菌の影響が歯根の先端を越え、その周囲の歯槽骨・顎骨にまで広がってしまった時は、感染根管治療を行います。

治療方法は、抜髄治療とかなり近いのですが、根管の内部だけでなく外部にまで細菌感染が波及していることもり、抜髄治療よりも難しい治療になることもあります。
また、根管内の感染している部分を除去してから、その部分を樹脂系・セメント系の材料などで密閉。
経過を確認後、外科的な治療を行うこともあります。