コルチコトミー併用矯正+インプラントの13年経過症例~40代男性~ | 審美治療専門のグランプロデンタルクリニック銀座

診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付
診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付

Blog

2020-05-23

コルチコトミー併用矯正+インプラントの13年経過症例~40代男性~

コルチコトミー併用矯正+インプラントの13年経過症例~40代男性~
治療当時40代男性の症例です。
噛み合わせの改善を主訴に来院されました。


全顎的にはコルチコトミー(皮質骨への画家的な切開)併用のスピード矯正右下奥歯には、インプラント治療を行なっています。

現在治療後13年経過して定期的なメンテナンスを行っています。


全顎的な噛み合わせの改善を行う時は、
・顎関節の状態
・現在の噛み合わせのずれ
・顎運動の状態
などを確認の上に、治療計画を立てます。


その際に、矯正治療を含むか、否かという点が治療のゴール設定に大きく関与します。


最終的な噛み合わせの状態はもちろん、治療期間、インプラントの植立位置なども違ってきます。


成長期が終わっている成人に対する矯正治療は、骨の成長を利用できないので、精密な噛み合わせに導くということが難しい点があります。

そこで、成人矯正治療では、歯軸の整直という方向で治療のゴール設定を行い、最終的な精密な噛み合わせは、咬合調整・セラミックインレー・セラミッククラウンを併用して整えることが必要になります。
欠損歯があれば、インプラントを併用することもあります。


また、全ての方が適応ではありませんが、コルチコトミー併用が効果的と判断できる場合は、一時的に骨の活性が向上する事によって成長期が終わってしまった成人に対して、矯正治療のデメリットを一部補うことができます。


上記のような事を全て検討し、さらに患者様のご協力の上、治療を行なわせて頂きました。


現在、メンテナンス中になります。


この期間中に、数歯の詰め物などの治療を行いましたが、
大きな問題が起きる事なく経過しています。

ブログ
院長執筆書籍
1日1分ストレッチ

こんにちは!
2月14日に、友広隆行先生と福島の共著の本が出版されます!!!
もともと、当クリニックで行っている噛み合わせ治療にとっては、筋バランス=顎関節の状態=歯の咬み合わせ
の3つが重要なポイントになります。
患者様には、筋(筋肉)バランスを調整するために、...

アゴ筋をほぐせば健康になる!

第1章 日本人の約9割がアゴ筋がこっている
第2章 アゴ筋をほぐすと頭痛が消える
第3章 アゴ筋をほぐすと血糖値が下がる
第4章 “ながら"でできるアゴ筋マッサージ&ストレッチ
第5章 アゴ筋がこらない生活とは
第6章 わたしたち、アゴ筋マッサージで
こんなに体調がよくなりました!