インプラント+矯正+オールセラミックの症例~50代男性~ | 審美治療専門の銀座トリニティデンタルクリニック

診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付
診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付

Blog

2020-04-06

インプラント+矯正+オールセラミックの症例~50代男性~

インプラント+矯正+オールセラミックの症例~50代男性~

 

前回4月4日に投稿した患者様同様、一口腔単位で治療を行なった例になります。

 

部分入れ歯をインプラントに変え、歯科矯正をした後に保険の銀の被せ物をオールセラミッククラウン変えました。

 

 

この方は、20年前に入れた部分入れ歯の支え(親知らず)が虫歯になって抜歯の適用になりました。
支えになっている歯が、手前は小臼歯2本、奥側は親知らず1本だったため、後ろの支えを失うことになります。


抜歯後は、
①部分入れ歯の場合
   今までよりは支えが減るため安定度が落ちる
 それをカバーするために入れ歯の大きさが大きくなる
 手前2本に対する噛み合わせ的な負担が大きくなり将来的にこの2本が抜歯になるリスクが上がる

②インプラントの場合
 噛み合わせ的な安定度は入れ歯よりも良い
 手前2本に対する噛み合わせ的な負担は、インプラント部分でもしっかりサポートできるので、最小限である
 外科的なリスクがある

を比べて検討・ご相談をし、自分の歯を守ることにも繋がるので、インプラント治療を選択しました。

インプラント治療をきっかけに、計画的に少しずつ、全顎的な噛み合わせ・一部の根管治療・審美面を時間をかけて改善しました。

 

 

全顎的に課題がある方の場合
①一度の機会に全部直してしまう
②段階的に、少しずつ直していく

の2つをご提案できることがあります。

この方は、噛み合わせ的な課題を改善しておけば、将来的に部分的な問題が起きた時は、最小限の治療で済むように②に基づいて治療計画を立てています。

特に、神経の治療の経過をみていくと、レントゲン的には歯根の先端に黒い影が見えることがあります。
こちらについては、症状・治療の効果などの点からも、どの時期に治療を行うべきか、もしくは行わないべきかを検討します。

(歯の状態によっては、治療として介入する時期が早かったために、早期に抜歯に至ることもあります)

 

こちらの方は、メンテナンスにいらしていただきながら、部分的な治療が必要な時期になったら、お伝えすることになってります。

ブログ
院長執筆書籍
1日1分ストレッチ

こんにちは!
2月14日に、友広隆行先生と福島の共著の本が出版されます!!!
もともと、当クリニックで行っている噛み合わせ治療にとっては、筋バランス=顎関節の状態=歯の咬み合わせ
の3つが重要なポイントになります。
患者様には、筋(筋肉)バランスを調整するために、...

アゴ筋をほぐせば健康になる!

第1章 日本人の約9割がアゴ筋がこっている
第2章 アゴ筋をほぐすと頭痛が消える
第3章 アゴ筋をほぐすと血糖値が下がる
第4章 “ながら"でできるアゴ筋マッサージ&ストレッチ
第5章 アゴ筋がこらない生活とは
第6章 わたしたち、アゴ筋マッサージで
こんなに体調がよくなりました!