口腔内環境が全身の健康に影響します | 審美治療専門の銀座トリニティデンタルクリニック

診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付
診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付

Blog

2019-12-08

口腔内環境が全身の健康に影響します

 私たちが日常的に歯科治療で取り組んでいる口腔内の問題を原因という点から大きく分類すると
 
歯にかかってくる力の問題
歯やその周囲に影響する細菌の問題

という2つに分けられます。
(腫瘍 癌などの問題もありますが)

 力の事は 咬み合わせというテーマになります。
 
 今回は、歯周病だけでなく、誤嚥性肺炎、糖尿病、動脈硬化、脳梗塞、認知症など全身にも悪影響をする細菌についてのお話です。


まずは、500種類以上は存在すると言われている口腔内細菌をご覧になってください。
歯の周りのプラーク(歯垢)を取って見てみました。

 こちらの動画は、スマホのアプリで、1000倍の拡大率で撮影したものです。

 ざっくりと説明しますと
止まったままの菌より動いている菌の方が悪質です。
しっかりとプラークコントロールが出来ている方では、動いている菌はここまで多くみられません。

 では、これらの口腔内細菌が全身にどの様に悪影響を与えるか分かりやすい動画を見つけたのでご紹介致します。
 
 口腔内細菌をゼロにすることはできませんが、
このような悪影響が出にくいようにするために、口腔内環境を整えることは可能です。
 
 近年では、乳酸菌、洗口剤なども開発されてきましたが、
やはり、その基本であり、一番効果があるのは、毎日の歯磨きです。
 
 唾液中などの口腔内に存在している細菌が歯や義歯へばり付きプラーク(歯垢)と呼ばれる状態になると悪影響が出始めるので、
歯磨きによって、少しでもくっついたら剥がし取るのです。
 
 最近では歯ブラシの種類も豊富になってきていて、選ぶ際に何が自分あっているかが分かりにくくなっています。
 
 そこで、次回は、そのようなテーマのお話をしたいと思います。
 
ブログ
院長執筆書籍
1日1分ストレッチ

こんにちは!
2月14日に、友広隆行先生と福島の共著の本が出版されます!!!
もともと、当クリニックで行っている噛み合わせ治療にとっては、筋バランス=顎関節の状態=歯の咬み合わせ
の3つが重要なポイントになります。
患者様には、筋(筋肉)バランスを調整するために、...

アゴ筋をほぐせば健康になる!

第1章 日本人の約9割がアゴ筋がこっている
第2章 アゴ筋をほぐすと頭痛が消える
第3章 アゴ筋をほぐすと血糖値が下がる
第4章 “ながら"でできるアゴ筋マッサージ&ストレッチ
第5章 アゴ筋がこらない生活とは
第6章 わたしたち、アゴ筋マッサージで
こんなに体調がよくなりました!