噛み合わせの調整方法 | 審美治療専門の銀座トリニティデンタルクリニック

診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付
診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付

Blog

2019-11-26

噛み合わせの調整方法

噛み合わせの調整方法
 「顎関節ー咀嚼筋ー歯」の調和が取れる咬み合わせに、どのような手法で導くのでしょうか。

 咬み合わせ治療というと、客観的なデータよりも、主観的な経験・感覚で行われているイメージがあるかもしれません。その場合、結果にばらつきが生じやすいと思います。

 確かに、経験・感覚は大切ですが、当クリニックでは、常に同じような結果が得られるように、まずは、客観的なデータ(平均値・正常値)と患者様の状態を照らし合わせて、次に過去の経験などを参考に診療を行っています。



 使う器具:材料は、どの歯科医院にでもある一般的なものです。


①レジン:歯に足すタイプと、仮歯の作製・調整に使うタイプの2種がありますので、使い分けをします。

②バー :出っ張っている部分は少し削って丸め、足りない部分は足して、歯の形態を整えます。

③咬合紙:上下の歯が当たっている箇所に色が付きます。

④スプリント:PGIでは、まずはソフトタイプを使います。(マウスピースのような形態です)

 診断方法は:歯科医師によって大きく違いがあります。ただ、どのような診断方法を使っても結果に結びつけば良いと思います。
当クリニックでは、以下の項目の検査をして資料を集めます。


・フェイスボウによって、CRバイトで装着された模型による咬合診断

・CRとICPとの咬合関係の違い(習慣的に上下の歯をかみ合わせる位置と、筋肉が緩んだ時にかみ合わせる位置の差となります)

・顎関節の規格的なレントゲン(2Dもしくは3D)     当クリニックでは、寿谷一先生、西川洋二先生、杉元敬弘先生による特許の方法 
・
顎運動記録 

・開口量と開口路
・
歯ぎしりの軌跡・強さチェック 
・
噛み合わせに深く関係する筋肉チェック
口腔内写真
顔貌写真
アンケート
 
 術式:上記の検査からの診断によって、適切な治療方法を選択し、筋肉のバランスを取りながら、咬み合わせの調整します。
 
 患者様によって状態が違いますので、回数は全く異なりますが、ある程度調整が進んだ時に、再検査・再評価を行います。
結果を見て、次のステップに進むことになります。
(また、検査の結果によっては、同様の咬み合わせの調整をさらに行うこともあります。)

 
 次のステップとは、大きく分けて以下の3つになります。
・
咬合調整を終えて治療を終了できる場合、
・
咬合調整の段階は、ほぼ終了し、補綴治療・矯正治療・インプラント治療などに進む場合、
・
難症例の場合は、顎関節にさらにフォーカスを絞り、ハードスプリント治療・咬合調整に進む場合、

となりますが、患者様ごとに異なります。

 
 このような、治療のフローチャートに基づき、一段階ごとに、再検査・再評価をしながら、咬み合わせ治療を行うことで、一人でも多くの方のお役に立てるように日々診療に臨んでいます。
ブログ
院長執筆書籍
1日1分ストレッチ

こんにちは!
2月14日に、友広隆行先生と福島の共著の本が出版されます!!!
もともと、当クリニックで行っている噛み合わせ治療にとっては、筋バランス=顎関節の状態=歯の咬み合わせ
の3つが重要なポイントになります。
患者様には、筋(筋肉)バランスを調整するために、...

アゴ筋をほぐせば健康になる!

第1章 日本人の約9割がアゴ筋がこっている
第2章 アゴ筋をほぐすと頭痛が消える
第3章 アゴ筋をほぐすと血糖値が下がる
第4章 “ながら"でできるアゴ筋マッサージ&ストレッチ
第5章 アゴ筋がこらない生活とは
第6章 わたしたち、アゴ筋マッサージで
こんなに体調がよくなりました!