上顎の奥歯が1本欠損 | 審美歯科専門の銀座トリニティデンタルクリニック

診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付
診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付

Case

上顎の奥歯が1本欠損

上顎の奥歯が1本欠損beforeafter

根管治療と歯周病の問題の2つがあり、骨がかなりなくなっていました。そこで、これ以上の骨吸収を防ぐためにも抜歯をせざるを得ませんでした。抜歯を行うときには、ほとんどが歯を守るには、手遅れですので、その周りの骨だけは何とか守りたいという目的であることが多いです。

ブリッジですと両隣の歯を削る必要があるので、インプラント治療を選択しましたが、骨の高さが2〜3ミリ足りませんでした。

そこで、この程度の骨造成が必要なときは、簡易的なサイナスリフトであるソケットリフトを行います。

インプラントを入れるための穴を上顎洞の底面ぎりぎりまであけてから、専用の器具を使い、その底面を骨折させ、上顎洞の粘膜を骨から剥離させます。そこに骨充填剤を少しずつ入れていくのです。

症例写真

院長執筆書籍
1日1分ストレッチ

こんにちは!
2月14日に、友広隆行先生と福島の共著の本が出版されます!!!
もともと、当クリニックで行っている噛み合わせ治療にとっては、筋バランス=顎関節の状態=歯の咬み合わせ
の3つが重要なポイントになります。
患者様には、筋(筋肉)バランスを調整するために、...

アゴ筋をほぐせば健康になる!

第1章 日本人の約9割がアゴ筋がこっている
第2章 アゴ筋をほぐすと頭痛が消える
第3章 アゴ筋をほぐすと血糖値が下がる
第4章 “ながら"でできるアゴ筋マッサージ&ストレッチ
第5章 アゴ筋がこらない生活とは
第6章 わたしたち、アゴ筋マッサージで
こんなに体調がよくなりました!