前歯が1本欠損 | 審美歯科専門の銀座トリニティデンタルクリニック

診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付
診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付

Case

前歯が1本欠損

前歯が1本欠損beforeafter

歯が割れてしまったので、抜歯をしなくてはなりませんでした。抜歯後の治療ですが、患者様の年齢も若いし、両隣がほぼ健全歯(以前に削ったりなどの治療をほとんどしていない歯)でしたので、インプラント治療がベストと考えられます。

抜歯の際に、抜歯窩に感染が認められなかったので、同時にインプラント治療を行いました。抜歯した歯の周囲が膿んでいる時は、同日にインプラントを入れるのは避けるべきです。また、特に前歯の場合、抜歯窩の周りの骨に欠損がある時や、骨の厚みが薄い時も、抜歯と同時にはインプラントを入れることを避けた方がいいです。

抜歯した部位は、必ず、歯があった周囲の骨と歯肉が吸収を起こすので、体積が減少します。ですので、インプラント治療を行う時に、それらを補う骨造成と歯肉の移植が必要になる場合がほとんどです。

この患者様の場合は、インプラントの埋入時に小規模の骨造成を行い、半年を経過した時点で、上皮下結合組織移植術を行っています。

新しい歯は、メタル色の材料を選択した場合は、歯肉を透けて灰色が浮き出てしまい審美性を損なうこともありますので、全て白系統の材料を選びました。ですので、白色であるジルコニアアバットメントとジルコニアによるオールセラミッククラウンによって作製しました(ジルコニアはメタルと同様の強度があるセラミックです)。

症例写真

初診時:歯が割れてしまっています。神経が無い歯なので黒く変色もしています。

【左】抜去歯ですが、粉々になっています。
【右】さっきまで歯があったところの骨を調べると、丈夫な骨が残っていることが確認できました。

【左】インプラントを埋入し、固定できるように抜歯によってできた穴の形をドリルで修正してから、インプラントを少しずつゆっくりと入れていきます。

半年を経過した時の様子ですが、外側が凹んでいるのがわかります。このままで、セラミックの歯を作っても審美的な形態にはならないので、余っている歯肉を同部位に移植しました。

凹みはすっかり改善され、左右対称の形になりました。

仮歯を入れるために、ほんの数ミリだけ切開し、ジルコニア製のアバットメントを立てました。

ジルコニア製のアバットメントに、ジルコニアで補強されたオールセラミッククラウンがセットされました。前歯のインプラントの場合は、この組み合わせで新しい歯を作製することが、審美的な点から一番有利と考えらます。また、衛生面においても他の材質よりプラークが付着しにくいので有利です。

レントゲン的にもインプラントの周りに骨吸収も見られずに安定しています。

院長執筆書籍
アゴ筋をほぐせば健康になる!

第1章 日本人の約9割がアゴ筋がこっている
第2章 アゴ筋をほぐすと頭痛が消える
第3章 アゴ筋をほぐすと血糖値が下がる
第4章 “ながら"でできるアゴ筋マッサージ&ストレッチ
第5章 アゴ筋がこらない生活とは
第6章 わたしたち、アゴ筋マッサージで
こんなに体調がよくなりました!

決定版 絵で見てなっとくインプラントQ&A

インプラント治療は、科学的な裏付け(エビデンス)のもと基本に忠実に治療を行えば、患者様のQOL(食生活を含めた生活の質)を飛躍的に向上させること は実証済みです。
私たちは、患者様に正しい歯科医院選びをしていただきたい、インプラント治療を受ける患者様がみなさん幸せになってもらいたい、純粋にこの気持ちから今回の出版に至りました。