昨年の日本歯周病学会とアメリカ歯周病学会の合同学会 | 審美歯科専門の銀座トリニティデンタルクリニック

診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付
診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付

Blog

2011-04-07

昨年の日本歯周病学会とアメリカ歯周病学会の合同学会

昨年の日本歯周病学会とアメリカ歯周病学会の合同学会
昨年11月に行われた上記学会で、ポスターによる発表をしました。

インプラントの周囲の骨は1〜2ミリ程吸収してなくなる傾向にあります。
そもそも、インプラントの長さは10数ミリ程度で、この部分が骨と結合して噛む力を支えているのですから、上記の吸収はインプラントの長期的な安定性、審美性に悪く影響する場合があります。

それについて、有効な方法を見いだしたいという気持ちで、骨吸収の傾向などをまとめてみました。ほとんど、レントゲン的には骨が影響を受けたことを確認できない良好な場合もあるのです。

この結果を見てから、インプラントの骨内への埋入方法を少しだけ改良しました。

他の先生の発表をみても、私と似た様なデータをお持ちの先生もいらしたので、嬉しかったです。

5年前とは明らかにインプラント体の形状が変わってきましたし、それを支持する結果(私もそうですが)が増えてきたので、今後、インプラント治療の精度がますます向上するという確信が持てた時でした。


ブログ
院長執筆書籍
1日1分ストレッチ

こんにちは!
2月14日に、友広隆行先生と福島の共著の本が出版されます!!!
もともと、当クリニックで行っている噛み合わせ治療にとっては、筋バランス=顎関節の状態=歯の咬み合わせ
の3つが重要なポイントになります。
患者様には、筋(筋肉)バランスを調整するために、...

アゴ筋をほぐせば健康になる!

第1章 日本人の約9割がアゴ筋がこっている
第2章 アゴ筋をほぐすと頭痛が消える
第3章 アゴ筋をほぐすと血糖値が下がる
第4章 “ながら"でできるアゴ筋マッサージ&ストレッチ
第5章 アゴ筋がこらない生活とは
第6章 わたしたち、アゴ筋マッサージで
こんなに体調がよくなりました!