昔のインプラント | 審美歯科専門の銀座トリニティデンタルクリニック

診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付
診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付

Blog

2011-03-17

昔のインプラント

もし、自分の歯が抜けたらどうします?多くの方は、歯の代わりになるものを入れようと考えるでしょう。それは、紀元前の人々も同じだったようです。アナトリア地方(スペイン?のあたりでしょうか)の紀元前の遺跡から、石のインプラントが発見されました。局所麻酔はあったのでしょうか?ちょっと痛そうですね。 また、紀元2世紀から3世紀の古代ローマ時代の人骨からは、鉄製のインプラントが見つかりました。やっぱり、怖いです、、、次は、5世紀のマヤ文明の遺跡です。こちらは、貝から作ったインプラントです。なんと、これはそこそこ成功したようです。といっても、しっかり噛む事ができたかは疑問ですが、長期間お口の中で存在したようです。私たちは、昔と違い、局所麻酔を併用して、チタン製のインプラントによる治療しています。この治療方法はかなり確立したもので、このタイプとして最終形態かもしれません。これも、先人たちの弛まぬ努力と研究があってこそです。感謝しましょう。          
ブログ
院長執筆書籍
アゴ筋をほぐせば健康になる!

第1章 日本人の約9割がアゴ筋がこっている
第2章 アゴ筋をほぐすと頭痛が消える
第3章 アゴ筋をほぐすと血糖値が下がる
第4章 “ながら"でできるアゴ筋マッサージ&ストレッチ
第5章 アゴ筋がこらない生活とは
第6章 わたしたち、アゴ筋マッサージで
こんなに体調がよくなりました!

決定版 絵で見てなっとくインプラントQ&A

インプラント治療は、科学的な裏付け(エビデンス)のもと基本に忠実に治療を行えば、患者様のQOL(食生活を含めた生活の質)を飛躍的に向上させること は実証済みです。
私たちは、患者様に正しい歯科医院選びをしていただきたい、インプラント治療を受ける患者様がみなさん幸せになってもらいたい、純粋にこの気持ちから今回の出版に至りました。