インプラント治療に携わって20年間② | 審美歯科専門の銀座トリニティデンタルクリニック

診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付
診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付

Blog

2017-11-18

インプラント治療に携わって20年間②

インプラント治療に携わって20年間②
20年間の中で、マテリアルに大きな変化が起きつつあります。

現在、ほとんどのインプラントは、チタンでできています。

​実は、100%に限りなく近い純チタン、またはチタン合金と呼ばれるものがあります。
メーカーごとに様々な根拠があって、材料を使い分けていると思います。

​また、ジルコニウムインプラントというものも存在します。
​個人的な意見ですが、被せもの(クラウン・ブリッジ・義歯)を作る際に、設計の自由度・選択肢が多い方が患者様のメリットが大きいので、まだ使用したことはありませんが、
素材としては関心を持っていました。

​そんな私にとって、チタンージルコニウム合金は、未来を感じる素材です。

​金属アレルギーのリスク軽減
インプラントの強度アップ(20%以上といわれています)

​などが期待できますので、
​例えば、顎骨が少ない・細い方でも、骨造成などの付加的な手術なしで、
インプラント治療を受けることができるという見解です。

​私は、これまでも、インプラント治療に際して、
​骨造成の併用をなるべく避けるために、どうすればいいか考え、
​顎骨へのインプラント埋入位置を熟考するだけでなく、
細くても強度を保つことができるインプラントを探し、選択してきました。

​インプラントとアバットメントがテーパー嵌合をするタイプを使用することで、
一般的には、直径が約4ミリのインプラントが多いなかで、3,5ミリのインプラントの使用しても、同様な結果を得ることができています。

​治療が必要な部位にもよりますが、さらに、細い3,3ミリのインプラントでも同様な結果が得られるようです。

コンマ数ミリのほんの少しの違いですが、治療を受ける患者様にとっては、大きな数字です。

​患者様の体に長期的に入る歯科材料ですので、これからも、少しの妥協もせずに、こだわりを持って行きたいと思います。

ブログ
院長執筆書籍
1日1分ストレッチ

こんにちは!
2月14日に、友広隆行先生と福島の共著の本が出版されます!!!
もともと、当クリニックで行っている噛み合わせ治療にとっては、筋バランス=顎関節の状態=歯の咬み合わせ
の3つが重要なポイントになります。
患者様には、筋(筋肉)バランスを調整するために、...

アゴ筋をほぐせば健康になる!

第1章 日本人の約9割がアゴ筋がこっている
第2章 アゴ筋をほぐすと頭痛が消える
第3章 アゴ筋をほぐすと血糖値が下がる
第4章 “ながら"でできるアゴ筋マッサージ&ストレッチ
第5章 アゴ筋がこらない生活とは
第6章 わたしたち、アゴ筋マッサージで
こんなに体調がよくなりました!