審美歯科 インプラント 噛み合わせ治療なら審美歯科専門の銀座トリニティデンタルクリニック

診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付
診療予約 カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付

Media

2007/10

QDT 掲載論文 別刷

QDT 掲載論文 別刷
出版社:クインテッセンス出版株式会社(2007/10)
発売日:2007/10

前歯部に審美・機能を両立させたオールセラミック修復症例

症例提供:歯科医師・福島一隆(葛西駅前歯科)
患者データ:39歳、女性。1に歯根破折をきたし来院。抜歯の8週間後に骨造成を併用し、インプラント埋入を行った。
修復部位:1のインプラント修復。
使用材料:Ankylosインプラントシステム(デンツプライ三金)+In-Ceramジルコニア+VITA VM7(ジーシー)
歯科医師との情報交換:インプラントの埋入深度は、上部構造の審美性に大きな影響を与える。そのため本症例では、埋入深度をチェアサイドとラボサイドで検討した。
製作上のポイント:隣在歯のラインアングルを参考にして理想的なクラウン形態を模索した。また、下部鼓形空隙の清掃性に配慮し、作業模型上の最終補綴物にDFSオクリーンスプレー(アルタデント)を噴霧し、歯ブラシを使用してセルフクリーニングに適した形態を付与した。
本稿で提示した最終補綴物装着後の写真およびデンタルエックス線は術後11ヵ月経過時のものであるが、大きな問題は見当たらず、良好に経過しているものと思われる。
製作回数:1回
指定された納期:3週間(フレーム製作まで2週間+築盛1週間)
院長執筆書籍
アゴ筋をほぐせば健康になる!

第1章 日本人の約9割がアゴ筋がこっている
第2章 アゴ筋をほぐすと頭痛が消える
第3章 アゴ筋をほぐすと血糖値が下がる
第4章 “ながら"でできるアゴ筋マッサージ&ストレッチ
第5章 アゴ筋がこらない生活とは
第6章 わたしたち、アゴ筋マッサージで
こんなに体調がよくなりました!

決定版 絵で見てなっとくインプラントQ&A

インプラント治療は、科学的な裏付け(エビデンス)のもと基本に忠実に治療を行えば、患者様のQOL(食生活を含めた生活の質)を飛躍的に向上させること は実証済みです。
私たちは、患者様に正しい歯科医院選びをしていただきたい、インプラント治療を受ける患者様がみなさん幸せになってもらいたい、純粋にこの気持ちから今回の出版に至りました。